Now Loading...
  • 制作者たちの中間休止

    この展覧会は「新芸術校第3期グループ展選抜競争システム」から落選した作家たちによる「落選展」だ。落選展である以上、作品のテーマが統一されていないことはやむを得ない。しかし、僕自身が「落選したキュレーター」として、この展覧会にひとつの視点を与えてみたい。例えば、「怪獣」を全体のテーマに据えた時、見えてくるものがある。まず、中村は、自分の描いている怪獣というモチーフを「近づくことのできない距離」と表現する。これは、当事者的なモチーフを採用した作品に対する作家自身の違和感の表れでもある。一方、猫と星の合体した「スターニャン」という怪獣的なキャラクターを描く友杉は「僕自身が猫なんですよねぇ」といった発言をする。怪獣を距離として表現する中村と怪獣を自らとして表現する友杉。2人の言葉は対照的に見えるが、世界のリアリティを怪獣という虚構のモチーフを通して表現しようとする点において、両者の姿勢は一貫している。また、そのような意味においては、辻野と田辺の作品も怪獣的であると言える。辻野は、日付入りの過去の写真とネット素材のコラージュによって「舎利浜」という自らの過去に関わる風景を立ち上げようとする。田辺は、自らの故郷である熊本の復興に熱海の火災からの復興を重ねながら、故郷における人工的なものに向き合おうとする。どちらの作品も、ある虚構的な物語が挿入されていて、現実は再構成されている。時間軸を超越し、過去から現在に召喚された両作品の様相は、怪獣のように「どこか別の場所」からやってきた風景のようにも見えるだろう。そして、残る2人は、現実と虚構の中間にある怪獣的なものの存在をメタ的な視点から捉えようとしている。中川は、役者の生の身体と虚構的な役柄の間の同期不可能性というフレームを引き受けた映像作品を制作し、こまんべは、ネットにおけるオブジェクトの感覚の喪失が現実にも浸透しているという問題意識の元、ハーフミラーをインターフェイスに見立てた作品を制作する。それらは、現実と虚構の条件、つまり、怪獣の成立する条件それ自体についての問いになっている。現実と虚構の「中間休止」による暗い現実の肯定。それは、世界の混沌に自らのリアリティが宙吊りにされながらも「虚」と「実」を軸として全体の調和を保とうとする態度なのかもしれない。そして、この展覧会は、暗い時代におけるそうした意志たちによって開かれている。最後に、作家の代表として、怪獣そのものを表現している中村に別途テキストを依頼した。展覧会全体のステートメントとして、本テキストと合わせてお読み頂きたい。

    キュレーター・長谷川祐輔


  • 怪獣の時代について

    新芸術校第3期の選抜成果展の審査から落選した。夢中で打ち込んだ1年間の末に落選したことは率直に言ってとても残念で悔しい。けれど、私はどうして落選したのだろうか。それは「当事者性」という言葉から語ることができるのかもしれない。新芸術校の第2期から参加した私は、今までずっと「怪獣」というモチーフを描いてきた。けれど、振り返れば、私は新芸術校において他者を揺さぶるような強い表現を生み出すことはできなかった。そして、それは当事者性の欠如、あるいは逃避と言い換えることができるのではないか。例えば、選抜成果展のステートメントによれば、選抜者の作品には当事者的な作品が多いという。また、新芸術校の第1期の成果展も当事者的なテーマを扱う作品が目立っていたと思う。自身に対し、ある当事者性を獲得した時、その表現は他者からの侵略性を跳ね返し、確かさを増すのかもしれない。けれど、私は、そんな表現を自分の作品に取り入れることに戸惑いがあった。そして、今は、それが落選の原因のひとつにあったのではないかと省みている。ただ、予てから私は「怪獣」について「常に判断保留を強いられる流動的なモザイク状のかたまり」と考えてきた。つまり、私にとっての怪獣とは、近づくことのできない漠とした距離のことでもあった。私たちは今、距離のない時代に生きている。いつでもSNSで声をあげ、同じことを考えている人と繋がることができる。けれど、その世界は、結果として、当事者でない人たちの声がかき消えてしまうような世界を作り出してしまったのではないか。今日、私たちは物事を「怪獣的なもの」を通して眼差す視座を失ってしまった。それは見方を変えれば、自分たち自身が鳴きわめく怪獣になってしまったということを意味するのかもしれない。そして、それは、ひとつひとつの怪獣の声の発する鈍い意味が、耳を澄まされることもなく、あっという間に流れ去ってしまう世界でもある。選抜成果展は「第3政党」を意味するタイトルを掲げている。けれど、第3政党のさらに外側に、そこからあぶれた怪獣がいるということも忘れないでいてほしい。それはお菓子についてくる「おまけ」の玩具のような怪獣なのかもしれないが、誰かにとってはきっと大切な意味を持つものになると信じている。怪獣のモザイクはどんどん粗くなり、流れる動きは早くなる。怪獣たちの声は、もはや意味ではなく、音になり始めているのだろうか。私たちは、そんな「怪獣の時代」の流れに飲み込まれないように、しっかりと舵を握りしめて、意味と音の狭間にある「怪獣」を掴もうとしている。

    作家・中村紗千

参加作家 ARTIST

こまんべ komanbe

1989年生まれ。東京理科大学大学院工学修士(メディア情報学/DB)。エンジニア。主な企画に「大江戸ハッカソン」(2013)、「TOKYO HACKATHON」(2014)等。「ebb&flow」(五反田アトリエ、2018)の参加を機に、作家として活動を開始。

田辺 結佳 YUKA TANABE

個人、アートユニットすべなつとして活動。2017年の主な展示に田辺結佳 /SICF18(SPIRAL)Summer Group Show (THE blank GALLERY)、すべなつ/AAW2017 (熱海市街)「方舟で非常食を食べる」(多摩美大)「完全なる仮設」(五反田アトリエ)には田辺結佳協力すべなつとして参加。

辻野 理恵 RIE TSUJINO

1991年埼玉県出身。東京芸術大学先端芸術表現科卒。散漫でたよりない現実を、コラージュを手掛かりとすることで作り変え、受け入れようとしている。 普段は映画館で働いている

友杉 宣大 NORIHIRO TOMOSUGI

2016年シェル美術賞入選。2017年個展『人間の土地』(自らの飼い猫とサン=テグジュペリと星野道夫より着想を得た展示)。2016年よりゲンロンカオスラウンジ新芸術校に参加し、猫が旅に出た末に星と合体した『スターニャン』になる過程の場面の絵画・インスタレーションを制作・展示している

中川 翔太 SHOTA NAKAGAWA

1996年生まれ。パフォーマンスやフィクション/ドキュメンタリーの構造への関心から、映像、映画を中心に制作。グループB「健康な街」に参加。

中村 紗千 SACHI NAKAMURA

1991年長崎県生まれ。2017年広島市立大学芸術学部油画専攻卒業。新芸術校第2期標準コースから継続して受講中。3期ではグループAに参加した。怪獣の絵画シリーズを制作する。

キュレーション

長谷川 祐輔 YUSUKE HASEGAWA

作家/キュレーター。クリエーショングループ「Mjürk」所属。高校卒業後渡仏、帰国後に作家活動を開始。主な展覧会に「パルコミュージアム MEI-TEN」(2017、池袋パルコ)/「健康な街」(2017、五反田アトリエ)等。

企画協力

永山 伸幸 NOBUYUKI Nagayama

開催情報 INFORMATION

日時

日時 : 2018年 33日(土)〜5日(月) [入場無料]

3月3日(土)13:00〜20:00
3月4日(日)11:00〜13:30 16:30〜18:00 最終講評会
※最終講評会中は入場できません
3月5日(月)13:00〜20:00

場所

ゲンロン カオス*ラウンジ 五反田アトリエ
〒141-0022 東京都品川区東五反田3-17-4 糟谷ビル2F 03-5422-7085